DSC_0079 (2)-square.jpg
space fabricは東京都中央区で活動する建築設計事務所(建築家:東信洋)です。
RC造、木造SE構法を中心としたシンプルで心地よく広がりのある空間を設計しています。


水戸のギャラリー

「水府提灯」として有名な水戸の提灯。
市内にはいくつかの提灯製作の工房があり、水戸市新荘にある青野商店もその提灯工房のひとつ。
こちらで作られた提灯が全国で広く用いられている。

工房で作った提灯を展示するショールームを作りたいという依頼で設計がスタート。
当初は作業場と連続した部屋に提灯を並べていたが、新しく多くの人に見ていただきたいという。

設計打合せの中で新しいショールームには単なる展示・販売だけでなく、
商いを超え人が集まる場所を作りたいという要望もいただいた。
「地域や提灯づくりの歴史を写真で展示したい」
「地域の人たちが集う場にしたい」
「子供たちが提灯を通してなにか学べる場にしたい」

結果できた上がった建物は大きく2つのゾーンに分かれる。
「盆提灯などの商品を展示する常設展示ゾーン」
「提灯の歴史を展示したり地域の集まりにも使用できる企画展示ゾーン」

常設ゾーンは提灯が所狭しと展示されていてる一方、
企画ゾーンはその時々にレイアウトが変化可能な空間としている。
夏にはさっそく子供たちを集めて提灯作りを体験する会を開催した。
また外部に大きく張り出した庇の下は地域に開放することも可能となっている。

建物が出来上がってから何度か訪問しているが、
行く都度に展示に工夫が加えられ新しい空間を楽しまれているのが感じられる。
これからこの建物がどのように変化していくのか楽しみである。